レチノール クリーム 

レチノールクリームが人気です

レチノールが配合されたレチノールクリームが人気です。

 

このレチノール、色々と効果があると話題なのですが、、、その一方、強くて肌荒れしてしまう、なんて話もあります。
(なので、レチノールは危険、なんていわれることもあるんでしょうね)

 

以前からアンチエイジングケアを考えて作られている化粧品に
レチノールが配合されていることがありました。

 

 

ただ、あまり効果が感じられなかったり、知名度も低かったりしてあまり話題にはならなかったのですが
最近は人気のクリームが登場しています。

 

 

レチノールクリームは選び方がポイント?
おすすめのレチノールクリーム

 

 

人気の火付け役は海外のレチノールクリーム?

 

ここ最近、海外のレチノールクリームが話題です。
グアムのお土産などで貰う&購入して使ったらよかった、と話題のビタミンワールドのレチノールクリーム
某口コミサイトを見ても口コミ件数も多くて人気なのが伺えます。

 

 

ただ、やはり、肌が荒れてしまう、赤くなってしまって使えないといった口コミもあります。
ビタミンワールドのレチノールクリームに限らず、レチノールはちょと強い成分なので
使用する際には注意が必要です。

 

 

さて、まず、レチノールについて簡単にまとめてみます。

 

レチノールとは?

 

レチノールとはビタミンAのことです。
一般的に言われているレチノールの効果というと

 

  • 肌の真皮のコラーゲン生成
  • ピーリング作用
  • ヒアルロン酸の分泌アップ

 

などが挙げられます。
ちょっとわかりにくいですが、レチノール配合化粧品の効能としては

 

  • シミ・そばかすに
  • しわ・ほうれい線に
  • ニキビ・ニキビ跡に

 

といったことが挙げられています。それぞれ説明しますね。

 

 

シミ・そばかす対策

 

 

レチノールがシミやそばかすにいいといわれるのは、レチノールの持つピーリング作用です。
強力なピーリング作用があるため、肌の角質層にあるシミやそばかすが余分なものと一緒に剥がれて落とす、ということなんですね。

 

効果が高いととても心強い成分ではあるのですが、
【シミが角質層にある場合のみ】に効果がある、
ということですので、無理して使用しないように注意してください。

 

 

 

 

しわ・ほうれい線対策

 

 

レチノールにはコラーゲン生成作用があるといわれます。
レチノール自体がコラーゲンを作るのではなく、私たちの肌にある「繊維芽細胞」という細胞で
コラーゲンが作られているのですが、年を取るとここの働きが悪くなるんですね。

 

そうして、肌のコラーゲンは減ったり質がわるくなることで、しわやたるみとなります。

 

ところがレチノールはこの「繊維芽細胞」を刺激する作用があり、その結果
コラーゲンなどがちゃんと作られるようになるんですね。

 

また、ピーリング作用で肌のターンオーバーも盛んになることで、
例えば化粧水などの浸透がよくなるなど肌の状態がよくなるという面も対策の一つになると思います。

 

 

ニキビ・ニキビ跡対策

 

 

ニキビ肌にはピーリングが効果的といわれます。
レチノールはピーリング作用があるといわれるので、ニキビにも効果的と思われている、、、
のですが、ちょっと注意が必要です。

 

ピーリングが効果的なニキビ肌というのは、ターンオーバーが乱れて肌の角質が厚くなっている場合です。
そういう場合にはピーリングは効果的なのですが、ニキビが別の理由の場合、全く効果がない場合もあります。

 

例えば皮脂分泌が盛んな思春期ニキビ、大人ニキビの中でもストレスが主な理由などの場合ですね。
また、レチノールは刺激が強いので、ニキビなどで肌が不安定になっている場合、使わない方がいい場合も。

 

例えばピーリングをしたい場合には、もっと優しく使いやすいピーリング化粧品やニキビ専用の化粧品もあるのでそういった商品を選ぶことをおすすめします。

 

(もちろん肌に合えば、レチノールでの対策もいいと思いますよ♪特に年齢肌の対策とニキビの対策をしたいという場合にはいいかもしれません)

 

 

レチノール配合の化粧品で特に注目されているのが【しわ・ほうれい線】、【シミ・そばかす】面です。
どちらも年齢肌が気になる場合に出てくる悩みですよね。そういう意味では大人の女性にはおすすめの成分といえるかと思います。

 

 

 

レチノールを使用する際の注意点

さて、そんなレチノールですが、注意しなければいけない面もあります。

 

 

刺激が強くて赤くなってしまう

 

 

レチノールには強いピーリング作用があります。
ピーリングとは簡単に言えば、肌表面の古い角質をはぎ落すこと。

 

シミ、しわ、ニキビ跡にはこの効果がいいともいわれるのですが、やはりその作用が強いと
肌が荒れたり刺激を感じたりすることがあります。

 

 

特に濃度が濃すぎる商品や、短期間に使用するとこういう状態になりやすいので注意してください。

 

口コミなんかを見ていても、肌が真っ赤になってしまった、なんて人もいます。
合わない人はもちろんなのですが、量や使用方法など無理をして使わないようにしてください。

 

 

 

 

紫外線に要注意

 

 

ピーリングの影響などで肌の調子が落ちることがあります。
そういった状態で紫外線に当たるのは肌に負担になってしまいます。

 

肌の調子が落ちている、など感じなくても、肌の方は変化している場合もあるので、
レチノールを使用している時は紫外線対策をしっかりするように注意してください。

 

 

妊婦さん・妊娠予定の方は使用しない

 

 

レチノール(ビタミンA)には催奇性、つまり奇形の赤ちゃんが生まれる可能性があるのだそうです。
化粧品というより、食品でたくさん摂取した場合、ということのようですが、
念のためにも、妊婦さん・妊娠予定の方はレチノール化粧品も使用を避けた方がいいかと思います。

 

そういう面だけじゃなくても、妊娠中などは肌がデリケートになりますよね。
刺激の強い化粧品だと肌荒れなどを起こす可能性もあるので、とにかく刺激が強いものは避けることをおすすめします。

 

 

 

 

また、濃度の高いクリームは病院で処方してもらうしかありませんが、
自宅で使えるクリームでも肌に刺激を感じる場合もあるようです。
くれぐれも自分の肌の調子を見ながら、無理をしないように使用するようにしてくださいね。

 

 

 

.

レチノールクリームは「選び方」がポイント

 

 

上でもまとめましたが、レチノールは効果が高い反面、デメリット部分も結構大きいです。
でも、特にアンチエイジング分野においては見逃せない成分でもあります。

 

強い成分だからこそ、上手に使うには選び方が大きなポイントになります。

 

 

「何に効かせたいか」を考えて選ぶ

 

単にレチノール配合の化粧品というよりも、何に効果を出したいのか、という点を考えて選ぶといいと思います。
例えばシワ・たるみに悩んでいる、という場合には、
レチノール配合のクリームの中でもたるみ・シワにいいと言われているクリームを選ぶ、などですね。

 

そう考えると、レチノールの濃度だけでなく、他の成分や使い心地、口コミなどを考慮しつつ
総合的に考えると化粧品やクリームを選ぶことが出来ると思いますよ。

 

 

 

 

.

おすすめのレチノールクリーム

 

効果がすばらしいレチノールクリームですが、だからと言って刺激が強いのは困る。
でも効果がないのは微妙だな、、と思っていたところ、いいレチノールクリームを発見しました。

 

ビーグレン レチノールクリーム

 

 

「レチノールクリーム」を使ってみたいのならこれがおすすめ!

 

アメリカのサイエンスコスメブランド、ビーグレンのレチノール配合クリームです。
肌にちゃんと成分が届くことを考えて作られている化粧品が特徴のメーカーさんで、
しかもアメリカ発のメーカーさんなので、日本にはあまりないような切り口の化粧品が多いのが特徴です。

 

レチノールクリームも、肌にちゃんと届くように設計されています。
濃度は化粧品の中では低くはないのですが、高濃度という訳ではないので、安心して使用できます。

 

実際に使ってみても肌への刺激はほとんど感じませんでした。

 

ものすごい高濃度だと肌が赤く荒れてしまうのが心配ですが、そうではないこと、
でもちゃんとしっかり肌に届くように考えられているので効率よく効いてくれる感じがあるのがとてもいいですね。

 

トライアルセットがあるので、まず使用して試してみることができます。
まずは実際に使ってみて、肌にあうか確認してみるのがおすすめです。

 

このレチノールクリーム、ビーグレンの「しわ・たるみケアセット」の中に入っています。
つまり、シワやたるみに悩んでいる人におすすめのセットです。

 

 

 

 

 

資生堂 レチノバイタルクリーム

 

 

資生堂 エリクシールシュペリエルからレチノール配合のクリームが販売されています。
不安定で化粧品に配合するのが難しいレチノールを、開封後に酸素が入ったりしないように
一度出したら戻らないチューブに入っています。緻密にこだわったクリームです。

 

目の周りや口の周りなどデリケートな部分にも使うことを考えて作られているクリームです。
他にも美容液やアイマスクなど商品の種類が豊富なのも大手化粧品だからでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

 

アンプルール ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲル

 

 

手軽にレチノール配合の化粧品を使ってみたいのならこれがおすすめ。
年齢肌だけでなく美白にも力が入っている美容ゲルです。

 

ビタミンA(レチノール)だけでなくビタミンC、ビタミンE、ビタミンB6など
複数のビタミンにプラセンタ、コエンザイムなど「美肌カクテル」と言われる
美容成分がたっぷり配合されているのがポイントです。

 

正直なところ、‘レチノールの効果’のみという観点で見ると弱い気はしますが、
シワ・たるみ・美白など総合的に見るのならこのゲルクリームはおすすめです。

 

レチノール入りの化粧品が欲しいけれど、まずはそこまで濃度が濃いものではない商品がいいな、
という方にはとてもおすすめできる商品です。

 

ジェルクリームなので、ハリやたるみケアにもよく、付ける際に下から上に向かって使うようにするといいですよ♪
かなり優秀で使いやすい化粧品の一つです。

 

 

 

 

 

 

目元のしわ・たるみにはレチノール配合のアイクリームを

 

しわ・たるみの悩みで多いのが目元です。

 

目元のしわやたるみをどうにかしたい!と思ってレチノールクリームを使う人もいるようですが、
やはりレチノールは刺激が強い成分ですし、そもそも目元は皮膚が薄く、トラブルも起きやすいことから
普通の化粧品ですら避けるように書かれていることも少なくないですよね。

 

頬などにはレチノールクリームを使っても大丈夫という人でも、目元に使ったら荒れた、皮がむけた、
という口コミも見かけることがあります。

 

それでも目元のシワ・たるみが気になる!という場合にはレチノール配合のアイクリームがおすすめです。
「アイクリーム」は普通のクリームとは違って、デリケートな目元に使うことを考えて作られているクリームなので安心です♪

 

 

管理人イチオシ!生レチノール配合なのに安い&高評価のアイクリーム

 

キラリエ アイクリーム2

 

 

高い値段の「生レチノール」が配合されているのに値段が安いアイクリームがキラリエのアイクリーム2です。
高いレチノールが配合されているのに安いって大丈夫なの?と思うかもしれませんが、
口コミでも非常に評判が高い、アイクリームです。

 

実際、私も使用しています。

 

 

そもそも、通常のお手入れにアイクリームをプラスして使用するとたるみやシワにいいといわれたりしますよね。
若いうちからアイクリームを使っておくと、目元のたるみやシワに悩まされなくて済む、なんて言いますが、、
シワやたるみが気になりだしてからも使ってみるとやっぱりよかったりしますよ。

 

レチノール配合のアイクリームですが、とても使い心地がいいです。
いい成分がたくさん入っていますが、値段がとても安いので使い続けやすいのも大きな魅力です。

 

 

アイクリームでこの価格ははっきり言って【破格】です。
こちらはトライアルはありませんが、目元にお悩みの方はぜひ一度使用してみてください。

 

 

 

 

 

 

※私は刺激を感じずに使用できていますが、化粧品が合うかどうか、効果があるかどうかは個人差があります。
使用中にはしっかり肌の様子を見て、肌に合わないなと感じたら無理せず使用を辞めるようにしてください。

 

 

 

 

色々な場面で活躍してくれるレチノールクリーム

 

上の方でもまとめましたが、レチノールは色々な効果があると言われますし、
実際様々な化粧品にも配合されています。
コラーゲンなどまでメジャーな成分ではないですが、かなり注目の成分だと思っています。

 

私も使用してみる前までは、強い成分なんじゃないか??と不安に思ったこともあるのですが、
使ってみたところ、それほど刺激を感じずに使用できました。
やっぱり色々と考えて作られているんでしょうね。

 

 

これは上で紹介しているビーグレンのレチノールクリームです。
なんとなく黄色っぽい色のクリームが多い印象です(白いクリームとかもあります)

 

 

 

色々な成分が配合された化粧品が登場しています

 

レチノールに限らず、最近は注目の成分が配合された化粧品が増えてきています。
例えばハイドロキノンやトレチノインなど、今まで病院で処方されていた成分が配合された化粧品が発売されています。

 

一般の化粧品に配合するには、その成分の特性などもあって、難しいことも少なくないようですが、
スゴイ化粧品として仕上がっているのを見ると、化粧品の日々の進化はスゴイ!と思うことが多いです。

 

そういった化粧品の進化などもあり、以前よりも満足できる結果が出る化粧品も少なくないな、と思うことが増えています。

 

あなたの肌と悩みに合った、いい化粧品を是非見つけてみてください。

 

 

 

※化粧品の効果などには個人差があります。当サイトの内容や表現は管理人が感じたものであり、全ての人への効果を保障するものではありません。
また、人によっては合わない場合もあるかと思いますので刺激を感じた場合は使用を中止してお医者さんに相談するなどしてくださいね。

 

 

 

レチノールクリームの効果と口コミトップへ